スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「警察を呼べ」  笹本敦史

 警察を呼べ  笹本敦史

「やめて下さい」
 突然若い女の声が響いた。電車を埋め尽くす乗客の視線が一カ所に集まった。声の主と思われる女子高生が恰幅のいい中年男を睨んでいた。その目がしだいに潤んでくる。
「痴漢! この人、痴漢です」
 中年男の手を誰かがつかみ、持っていたカバンが落ちた。
「違う。誤解だ」
 電車が駅に止まると中年男は二人の若い男によってホームへ引きずり出された。一人はサラリーマン風で、もう一人の茶髪は大学生だろうか。茶髪が中年男のカバンをぶら下げている。泣き顔の女子高生が後についてくる。
「誤解だ。私は何もしてない」
「この人です。間違いありません」
 女子高生のヒステリックな声が響き、周囲の視線が集まった。
「ここで騒がない方が身のためだぞ」
 サラリーマン風が低い声で言った。
「警察を呼んでください。痴漢です」
 事務所に着くと茶髪が言った。事務所には若い駅員が一人しかいなかった。
「待て。そもそも君たちには私を拘束する権限はない」
 中年男が高飛車に言った。
「はあ? 何言ってんだ。おっさん」
 茶髪が馬鹿にしたように笑った。
「君たちは知らんだろうが、民間人が人を拘束するためにはそれなりの理屈が必要なんだぞ。まず現行犯であること。そして逃亡の可能性があることだ」
「それがどうした」
 サラリーマン風が戸惑いながら言った。
「まず現行犯かどうか。これは百歩譲って、見解が違うということにしておこう。しかし逃亡の可能性だが、これはまったくないと断言できる」
「断言って何だよ?」
 茶髪が気負って言った。
「私は自分の名前も身分もここで明かすことができる。逃げも隠れもしない証拠だ」
「それでは名刺をいただけますか?」
 駅員が丁重に言った。
「よかろう」
 中年男はもったいぶって名刺入れを出した。突然、茶髪が手を伸ばしてそれを奪った。
「何をするんだ」
「ごまかされないためだよ」
「そんな小賢しいマネはせんよ」
 中年男は鷹揚に言った。
 茶髪は名刺入れを開き、指を入れた。サラリーマン風がそれを覗き込んだ。女子高生は予想外の展開に戸惑っているようだ。
「D社総務部長、太田吾郎……」
 茶髪が名刺を読んで、サラリーマンに手渡した。その後、名刺は駅員の手に渡り、女子高生にまわされた。
「わかっただろう。私は大企業の幹部だ。電車で痴漢を働くようなケチな人間ではない」
 太田吾郎が言い放った瞬間、茶髪があからさまな舌打ちをした。
「オレの親父の工場はお前のところの下請けだった。つぶされたんだよ。単価を切り下げられたあげくに、突然取引を止められて……」
 茶髪は拳を握り締めた。
「いや、落ち着いてくれ。事業をやっている以上、止むを得ないこともあるんだ。会社も生き残っていかなければならない……」
「何言ってやがる」
 サラリーマン風が怒鳴った。
「会社も生き残っていかなければならないってセリフ、オレも言われたよ。あんたの会社に派遣で入っていた去年のことだ。そう言われて首切られたオレの気持ちがわかるか。あれから失業者だ。今日も面接を受けに行くところだ」
「待ってくれ。それは申し訳ないことをした。もし仕事がないのなら私が口を利いてやってもいい。それだけの力は持っている」
「それだけの力があるからって、痴漢したことをもみ消そうとしてるのよ、この人は」
 女子高生が叫んだことを言いがかりだと指摘する者はいなかった。
「みなさん、落ちついてください」
 駅員が割って入ろうとした。
「あんた、このおっさんの味方か?」
 茶髪が怒鳴った。
「いえ……、実は十年前、D社の入社試験を受けたんですが、試験官がとても横柄で」
「それなら、手っ取り早く、こいつを痛めつけてやろうぜ」
 サラリーマン風の手にはこん棒が握られていた。
 茶髪と女子高生が頷いた。駅員がカーテンを引いた。部屋が薄暗くなった。
「待て、警察を呼んでくれ」
 太田吾郎の叫び声は電車の轟音にかき消された。
スポンサーサイト

コメント

怪談噺
 のっぺらぼうから逃げてきて、やっとまともな人に出会えたと思ったら、「こんな顔でしたかい」やっぱりのっぺらぼう、そんな感じですね。いま大企業幹部はみんなから憎まれる立場にある。ユーモアと風刺の一篇。
小説作法
逆転の発想で、新しさを感じます。この作品からは、小説作法というか、創作方法に哲学を感じることができます。いろんな創作方法に挑戦するのは、好ましいことだと思います。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。