8月例会のご案内と6月例会、7月例会のご報告

8月例会のご案内
日時 8月20日(日) 13時~16時
場所 吉備路文学館 2階 研究室

内容 まがね59号の合評
   「来年の春」 長瀬佳代子
   「結婚願望相談所」 井上淳
   「桜の花が咲く頃」 桜高志


6月例会のご報告
 6月11日(日)13時から吉備路文学館で例会を行いました。参加は妹尾、長瀬、石崎、井上、笹本でした。
 「まがね」59号の編集作業を行いました。

民主文学6月号の合評を行いました。
「崖の上の家」風見梢太郎
 一連の作品の後日譚で、いつものようにわかりやすい良い文章で書かれている。過去の活動を振り返りながら、若い世代に引き継げる可能性を示して終わっていて作品としてまとまりがある。
 作品の問題ではないが、共産党の活動家として生きてきた人が結構豊かな生活をしていると感じられ、引っかかる読者もいるだろうという意見があった。
 丁寧でわかりやすい文章であることの裏返しではあるが、主語(私)が多すぎる、また描写で説明しすぎていると感じるところがあるという感想もあった。描写はどこまでが必要かということについては意見が様々出された。

 また同じ号の「鬼が棲む家」(高沢英子)、「うんまいなあ」(杉岡澄子)について、事実に基づいて書かれたと思われる、ストーリーとは関係ない描写が作品世界を膨らみのある良いものにしているという感想が出された。


7月例会のご報告
 7月16日(日)13時から吉備路文学館で例会を行いました。参加は妹尾、石崎、桜、井上、笹本でした。
 「まがね」59号の配本と発送作業を行いました。

「民主文学」8月号の合評を行いました。
「巨艦の幻影」 倉園沙樹子
 登場人物が個性的で、展開とともに意外な面も見えておもしろく引き込まれた。
巨大戦艦「壱号艦」の建造に関わり、工員としても国民としても模範的であろうと努めている主人公だが、「壱号艦」が進水式もせずにひっそりと海に出たことに寂しさを感じる。海軍に入隊した長男が「壱号艦」の乗組員に抜擢され名誉なことと喜んでいた折、日本がアメリカに宣戦し、歓喜が湧き上がる。
そんな主人公の心が、子どもの頃世話をした親戚の男が特高に虐殺されたのを見たこと、まじめな長女が従軍看護婦になって戦地へ行くと言いだしたことなどによって揺らぐ。
 主人公が出征兵士の壮行会に向かって「だまされちゃあいけん」と叫ぶラストシーンは極端すぎるように感じるが、そこに至る心の揺らぎがよく書けている。特に妻が次男を諭す場面が秀逸で、主人公との意識のずれが明らかになって興味深い。

受贈紙誌
 道標165号(岡山詩人会議) 野火13号(東久留米支部) 文学なにわ28号(なにわ支部)
 東京南部ニュース566号567号 支部月報406号407号(仙台支部)
 東くるめ通信No.70(東久留米支部) 流域通信174号(埼玉東部支部)
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック