5月例会のご案内と4月例会のご報告

5月例会のご案内

日時 5月28日(日)13時~16時
場所 吉備路文学館 研修室

内容
民主文学新人賞佳作作品の合評
「亡国の冬」岩田素夫
「銀のエンゼル」野川環
(民主文学6月号)
あわせて「まがね」59号の編集作業(校正)を行います。

4月例会のご報告

 4月22日、吉備路文学館で例会を開催しました。参加は妹尾、石崎、井上、笹本でした。
 合評の後、「まがね」59号の校正を行いました。

民主文学5月号の合評を行いました。

「その、とある一夜」横田昌則
 神奈川県で起きた障害者施設襲撃事件をモチーフに、ある障害者グループホームに起きた嫌がらせと思われる出来事を描いている。
 主人公は事件の犯人に憤りながらも、一方で犯人も社会から阻害された被害者なのではないかとも考え、迷っている。この描き方がいい。
 しかし、施設の近くに住む引きこもりの男に同情しつつも、その男を嫌がらせの犯人のように決めつけているようにも読めて、疑問を感じた。
 主人公たちの行動は「まともさ」を感じさせ、安心感を持って読めるのだが、そこがもの足りなく感じるところでもある。
上地と合田の視点が混乱するところがある。登場人物としてこの二人を分ける必要はないのではないか。また施設側の組織と人物関係がわかりにくく、省いた方が良いという意見もあった。
まとまりのある作品で文章も手慣れている感じがする。会話が今風で自然。
特に冒頭の文章は緊迫感があって引き込まれるのだが、その後の文章の軽さとの違いに戸惑ったという感想があった。一方で、冒頭の文章はわざと大げさに書いているもので、作者のユーモアを感じるという意見もあった。

「労働災害」小西章久
 非正規の校務員に起きた労災事故を通して、非正規労働者の置かれた理不尽な現実を告発している。
 背景説明のためなのだが、導入部が現在、二年前、両親が亡くなった頃、と時間が遡るため読みにくい。ただ、主人公の過去の話については無駄ではないかという意見と、人となりがわかって実在感を高めているという意見があった。
 文章が良く。人物がよく描けている。書く立場になると年齢を書くのは躊躇するところだが、はっきり書いてあるので人物像がわかりやすい。
方言を交えた会話が上手く、話者の表情まで想像させる。
 保身のためのかけひきがおもしろいという感想があった一方で、通俗的であまり新鮮みがないという意見もあった。
教育委員会が主人公を公務災害補償基金に加入させていなかったということが明らかになる。この件の強烈さが非正規労働者をめぐる象徴的な出来事として効いている。


受贈紙誌
 支部月報404号(仙台支部) 東京南部ニュース第564号(東京南部支部)
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック