スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17年度総会のご案内と1月例会のご報告

17年度総会のご案内
日時 2月19日(日) 13時~16時
場所 吉備路文学館

内容
  16年度の総括と17年度の方針の論議
  決算の確認
  
合評
  三浦哲郎「ふなうた」「あわたけ」
  短編集モザイクⅡ「ふなうた」(新潮文庫)に収録されています。

1月例会のご報告
1月15日(日)13時から吉備路文学館で例会を開催しました。参加は妹尾、井上淳、桜、笹本でした。

合評を行いました。
「落葉を踏んで」笹本敦史
・生協への熱い思いを感じる。
・生協のことをそつなくわかりやすく書いている。
・まとまりがない。
・小説としてのおもしろさが足りない。
・経済情勢にからめて生協の変遷を書いている。
〈作者より〉
・主張ではなく、生協の現場をスケッチ的に書いた。
・読む人によって感じることは違うと思う。
・伊達さんは象徴的存在。
・ストーリーとしてはもの足りないだろうとは思う。

「火花」又吉直樹
・青春だなあ、と思った。一生懸命さに感動した。
・文章力があって飽きさせない。
・一つ一つのエピソードがわかりやすい。
・センテンスが長く、古い文学の好きな人の文章だなと感じる。
・笑いの乗りについていけるかどうかで感じ方が違うだろう。
・作者のことを知らないで読んだら、おもしろくないかも知れない。

受贈紙誌
弘前民主文学157号(弘前支部) 流域通信第171号(埼玉東部支部)
東くるめ通信NO.67(東久留米支部)
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。