11月例会のご案内と9月例会のご報告

11月例会のご案内

日時 11月20日(日)13時~16時
場所 吉備路文学館

内容 民主文学12月号の合評
   支部誌同人誌推薦作品特集
    「寂しくても 悲しくても ネギ刻む」 馬場雅史
   「初冬の風に」 菊池明



9月例会のご報告
 9月25日(日)13時から、吉備路文学館で例会を開催しました。参加は妹尾、石崎、井上淳、原、笹本でした。
(10月は中国地区文学研究集会に参加するため、例会を行っていません)

民主文学10月号の合評を行いました。

「ゆうたのこと」(瀬峰静弥)
・文章が素直で読みやすい。
・良い作品だが、主人公の年齢や時代がわからず、イメージしにくい。
・中学生がよく描けている。
・時間の経過がわかりにくい。

「ある謝罪」(稲沢潤子)
・おもしろく読んだ。
・Hの言っていることが正しいのか疑問がある。
・誰か明らかなのでイニシャルで書く意味があるのだろうか。
・登場人物に共感できない。
・深読みすれば、運動の危うさを書こうとしているともとれる。


中国地区文学研究集会の報告
 10月29(土)、30(日)の2日間、広島市の神田山荘で民主主義文学会の中国地区文学研究集会が開催されました。全体の参加者は講師を含めて14名で、岡山支部からは妹尾、石崎、原、井上淳、笹本の5名が参加しました。
 講師は文学会事務局長の乙部宗徳さんで、主題、題材、モチーフという言葉について整理することの必要性などを話されました。
 合評は呉支部「裕子」(中下貴枝子)、山口支部「島川診療所譚」(水野良正)、岡山支部「僕が生協を辞めた理由」の3作でした。
 「裕子」は義兄夫婦の子どもである障害児を育てた体験を描いた作品、「島川診療所譚」は明治初期を舞台に、つらい過去を持つ医者を主人公にした連作物の新作2編でした。
 「僕が生協を辞めた理由」については、辞めた理由が実際のところは何だったのかわからない、主人公が作者と一体化してしまっている、生協関係者にしかわからない用語の使い方に注意が必要などの意見が出されました。


「まがね」59号原稿募集
 一次締め切りは12月末ですが、原稿の集まり具合によっては延長します。

受贈紙誌
支部月報398号(仙台支部) 東久留米通信No.65(東久留米支部)
東京南部ニュース第557号・558号(東京南部支部) 流域通信第169号(埼玉東部支部)


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック