「まがね58号」感想      高原利生

「まがね58号」感想      高原利生


北杏子「尺取虫よ」
 
 最後の1行「可愛いものよ」が余計である。それ以外は、人と対象の一体的関係の表現として完ぺきである。

石崎 徹「柿の木のある窓辺で」
 
 最初と最後の(リフレインの)部分がわざとらしくて過剰だ。
 初読では、男が傲慢なのではないかという気がしたが、これはただ、男の「ずっと何かを探していた」ことを、女の「生活を愛していた」ことより上位においてしまう評者の固定観念だったのだろう。
 これは詩の中の「男」が作者本人であるかどうかには関係ない。「徹」という作者名で作者が男であると思っていいだろうが、これはさらに関係ない。
 二節目の「二人は食事した」に続く文が現在形だが過去の話と思ってよく、全体として今までの回想と思っていいのだろう。柿の木とその背景の見事な描写があり、女が、それらの見える今の場所を「いいところね」と言い、男が同意する。
 この同一性と「ずっと何かを探していた」男と「生活を愛していた」女の差異との関係がさっぱり分からない。
 その不思議な関係を、疑問、余韻として残すのが作者の意図なのであろうか?

野中秋子「母を 生きる」
 
 感動的である。16節からなる詩が、10節までの母の事実、10節目の最後から続く4節の母と自分の関わり、最後の2節は、野中さんご自身のこれからへの決意、祈り、叫びだと思う。
 全体が見事な構成になっている。
 初めに読んだとき、16節全体はご自身向けの詩として、発表作品としては最後の2節を削除したもの、という二編の詩があるとして読むと良いのだと思った。
 今は全体でいいのだと思う。
 特に、終わりの6つの節は、良い古典的交響曲を聴いているように、気持ちが作者とともに高まっていき、そして、作者とともに決意、祈りで終わる。
 感情の高ぶる詩を読んだのは何十年ぶりのような気がする。昔読んでいた感情の高ぶる詩は、単純な青春詩集、革命詩集だったような気がする。これはそうではない。
 いま望まれているのは、「広い」だけでなく「新しい」感情、価値であろう。
 野中秋子さんの詩は、老いてボケた母とともに生きる一体感という「新しい」感情表現として貴重である。
 ただ何かとの一体化の感情が生まれているから新しいのではない。全体の野中さんの、ボケた母との一体感とそれを自分の生き方にして行く具体的過程が新しい。
 一見「愚かに」見える母の行為に悩み迷いそれでも全体を受け入れて生きていくべきではないかと読者にも思わせる複雑な過程の全体が新しい。
 野中さんの詩の内容とは全く関係ないのだが、今の大きな課題の一つは、「憎しみ」の処理である。「憎しみ」の処理がもし可能であるとしたら、それはこの野中さんのような悩みと思考の複雑高度な過程を経なければならないのではなかろうか?
 最後の2節が前の節の内容を活かしたものであればもっと良かった、というのはないものねだりである。感動的な詩だった。野中秋子さん、ありがとうございました。


女性三人の作品について

 今回は詩だけ出された野中秋子さんの「母を 生きる」が感動的だったのと同様、長瀬佳代子さんの「寒い日」と随想のジャンルに入れられた「母物語」もどちらも感動的だった。事実は小説より奇なり。「母物語」は特に心に残る。長瀬佳代子さん、ありがとうございました。
 野中秋子さんと長瀬佳代子さんはともに、前のまがねの感想の時にも触れた。お二人の優れた文は偶然ではなかったのだ。
 野中秋子さん、長瀬佳代子さん、妹尾倫良さんが、いずれも生活を感動的に描いている、三人がいずれも女性であることは興味深い。
 昔は、女性が生きること、生活することは労働だった。労働とは対象を変えながら生きることである。女性は、昔、(今以上に)周りに、ある時には抗いながら、対象を変えながら生きなければならなかった。労働が賃労働に限らないのは今も昔も同じである。(将来、賃労働でない労働が、賃労働と同じに扱われるようになることを考えている。中期的には賃労働もなくなる。)
 随想のジャンルの妹尾倫良さん「約束の詩」も同様に感動的だった。これまた、事実は小説より奇なり。随想のジャンルに、いずれも一ページちょっとと短い、長瀬佳代子さんの「母物語」と妹尾倫良さん「約束の詩」が並んでいる。詩の野中秋子さんの「母を 生きる」も特に長くはない。「小説」ではないこのように短い三人の三つの文が、人に、涙が出るほどの感動を与えることにただただ驚いている。
 偶然かもしれないがこの三つは、ともに、ある人との関わりの数十年の歴史の物語である。それを一ページにまとめて感動させる。忙しいかたでも野中秋子さんの詩「母を 生きる」と、この二編だけで、「まがね58号」は読む価値がある。どうかお読みください。
(高原の書いているものが感動を与えないのは残念であるが仕方がない)
 長瀬佳代子さんの「寒い日」と妹尾倫良さんの「カラスになった日」の内容に触れる時間がない。

妹尾倫良作品について

 妹尾倫良さんが今回は目次の「創作」「随想」「詩」の最後にそれぞれ1編ずつ計3編出された。彼女の何に感動するかとしばらく考えてきて、分かったような気がすることがあるので、それを書く。
 妹尾さんの「随想」の文体は他の人と変わりない。整った良い文である。しかし、妹尾さんの詩と小説は、文体がガラッと変わる。文と文の関係が、読む緊張を必要とさせるようになる。時間、空間が連続的、直線的でなくなる。それでいて、彼女は、野中秋子さん、長瀬佳代子さんにはない、尋常な世界からより大きな広さを持った尋常でない世界を構成することができ、ある種の右遠俊郎に似てくるところがある。(といって僕は、右遠俊郎は一冊しか読んでいない。題も忘れた。)
 まがね58号の全部に目を通せていない。野中秋子さん、長瀬佳代子さん、妹尾倫良さんの三人の女性に驚嘆したものに限られたことをお許しいただきたい。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック