スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月例会のご案内と6月例会のご報告

7月例会のご案内
日時 7月24日(日) 13時~16時
場所 吉備路文学館

内容
 まがね58号の合評
 「間男」 井上淳
 「僕が生協を辞めた理由」 桜高志
 「カラスになった日」 妹尾倫良

※支部誌同人誌推薦作特集への応募作と中国地区研究集会への出品作について検討します。

6月例会のご報告
 6月25日(日)13時から吉備路文学館で例会を開催しました。
参加は妹尾、長瀬、石崎、井上、笹本でした。

まがね58号の合評を行いました。

「寒い日」 長瀬佳代子
・文章はすばらしいが、内容は身辺雑記のようで少しもの足りない。
・老いの心境がよく描けている。
・最後に引用でまとめるのは疑問。
・同年代の女性には共感される。
・同じ心情が繰り返して書かれている。話にもっと変化があった方が読みやすい。
<作者より>
・まがねでは57作目だが、体験したことをつないで書いたのは初めて。
・リアリズムと虚構についてもっと勉強したい。
・1ページ目の行替えの文頭が一字下げになっていないのは校正ミスではないかという指摘があったが、見た目の関係で意図してやっている。

「はつ恋」 笹本敦史
・躍動感がある。
・卓球用語がわからないところがあるが、それでも読ませる。
・中学1年生でここまで性的なことに興味を持つだろうか。
・男の子の気持ちはわからないけど雰囲気は感じる。
・人生の美しさ、喜びを表現していて価値がある。
・ツルゲーネフの時代とは違う初恋にびっくりした。
<作者より>
・体験が元になっているが、展開は作ったもの。汗の臭い、というのも事実とは違う。
・用語の説明はできるだけ簡潔にした。
・肉体の動きを表現しようと思った。

「ケチなたーやんの貸し金庫」 前律夫
・文章は荒いが、話はおもしろい。
・歴史を背景に百姓の来し方、行く末が描けている。
・どんでん返しで作品が引き締まった。
・立ち話からの展開という仕掛けは不要ではないか。
・ユーモアのセンスがすばらしい。
・文章がスマートになったら面白さが減るのではないか。
・話があちこちしているのが味わいでもあるが、読みにくい。
・誤字脱字など細かい間違いが目立つ。

58号全体について
・作品の価値を台無しにするようなミスを含め、全体に校正ミスが目立つので改善が必要。

その他

・民主文学会幹事会(6/12)の報告が笹本からありました。

受贈紙誌
「道標」161号 岡山詩人会議  
「リアリスト」78号 東京南部支部
「東京南部ニュース」第552号 東京南部支部
「支部月報」395号 仙台支部
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。