15年度総会のご報告と3月例会のご案内

15年度総会のご報告
 2月15日(日) 13時から、吉備路文学館で15年度の総会を行ないました。参加は妹尾・井上淳・石崎・田中・中山・桜・笹本でした。

 笹本事務局長から14年度活動の報告と15年度の予定についての報告、井上淳会計担当から会計の報告があり、意見交換をしました。

 15年度の役員について、以下のように確認しました。
 支部長(兼 編集長) 妹尾倫良   事務局長 笹本敦史   会計 井上淳   編集次長 桜高志
 幹事 石崎 田中 長瀬


総会の後、民主文学掲載作品の合評を行ないました。
「家族写真」笹本敦史(民主文学1月号)
・会話にユーモアがある。
・家族にとっては最低の人物だが、この父に共感するところがある。
・生きていくことの不条理、切なさを感じる。
・説明ではなく描写で認知症を描いている。
・母との会話が長いなど、場面構成のバランスが悪い感じがする。
・一人称での書き方が参考になった。
・最後の場面に感動した。
(作者から)
・実体験を省略して書いているが、最後の場面は創作。
・父の死に対して自分の気持ちに折り合いをつける、ということで書いた。
・あまり計算せずに書いているので配分のバランスに問題があるかも知れない。
・認知症の実態はもっとたいへんだが、深刻には書かなかった。
・読む人の体験によって受け取り方が違うだろうと思う。

「『オネーギン』のころ」妹尾倫良(民主文学2月号)
・エピソードで人物をうまく表現できている。
・時代の雰囲気がよく出ている。
・いろいろな小説を読んできた人だと感じた。
・年頃の女性を描いていて微笑ましい。
(作者から)
・どんなつらい時でも、ひとつは良いことがあると思ってやってきた。
・編集部からはいろいろ意見をもらって書き直した。
※注 「倉敷と呼ばれた」とあるのは倉敷市ではなく美作の林野にあった地名。



3月例会のご案内

日時 3月22日(日)13時~16時半
場所 吉備路文学館

内容
 まがね56号の合評
  随想・詩・短歌・書評



スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック