スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14年度総会の報告と3月例会のご案内

14年度総会の報告

2月16日(日)13時から吉備路文学館で2014年度の総会を開催しました。
笹本事務局長から13年度活動報告、井上会計担当から会計報告がありました。
14年度役員について以下のように決定し、役割分担を確認しました。
 事務局長 笹本敦史  会計 井上淳  編集長 桜高志  編集次長 妹尾倫良
 幹事 長瀬 石崎 田中
 支部長は当面空席とします。

参加者で新年度に向けての抱負を出しあいました。
・批評されることが文章を書く上で役立っている。
・組織活動は苦手だが、できることで支援したい。
・今、書くことに気持ちが向いていない。当分勉強したい。
・考えることは楽しいが、作品にできていない。
・私的なことで嫌なことが多いが、それを創作で発散するのは良くないと思う。
・自己成長の一年にしたい。
・新しい仲間を誘いたい。
・もっと言葉を学びたい。
・作品も組織も広がりをつくっていきたい。
・私的なことで忙しく、創作に取りかかれていない。
・細々とでも組織として存続できるために働きたい。


笹本敦史「走り出す」(民主文学2月号)の合評を行ないました。

・説明的で難しいところがある。
・「ユニオン!」は明るかったが、こちらは切ない感じがする。
・山あり谷ありの展開で完成度が高い。
・会話に理屈っぽいところがある。
・楽しんだ。ところどころ感動もした。
・性格の描き分けができている。
・失敗したところで終わっているのがリアルに感じる。
・労働組合に期待できなくなっている今の若者にどうせまっていくのかが課題。
・文章はいいが、文学性は感じない。

(作者から)
・「ユニオン!」で描かなかったところを取り上げた。
・特殊な世界の話なのできちんと伝わるように気をつけた。
・長い年月における生協の変化など十分説明できていない。
・生協そのものを描くのは難しいと感じている。

3月例会のご案内

日時 3月23日(日) 13時~16時半
場所 吉備路文学館


内容
まがね55号の合評
「モスコミュールで乾杯」 田中俊明
「『保坂』バス停」    妹尾倫良
「若き日の蹉跌」     桜高志
「尖閣漁民の戦い」    井上淳
スポンサーサイト

コメント

誤字
 吉備路文学館が、文学会になっています。
Re: 誤字
訂正しました。
(会報の方も間違っていたということですね)

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。