10月例会報告

10月例会報告
10月27日13時から岡山市民会館で例会を開催しました。
参加者は7人でした。

中国地区研究集会の決算報告があり、剰余金は支部財政に組み入れることになりました。

中国地区研究集会について感想を出しあいました。
・講師が良かった。
・他支部のいろいろな考えの人と交流できて良かった。
・参加費(特に日帰り)は会員以外でも参加できるように安くすべきではないか。
・会場は他も検討した方がいい。
・合評会は的を射た意見が出され、良かった。
・参加者が減少する傾向にあるのが心配。

「民主文学」10月号の合評を行ないました。

「長池ちゃんのこと」東喜啓
・労働問題の重要なことを自然な流れの中でうまく書いている。
・最後に種明かしという構成がおもしろい。
・労働組合に縁のない人にはわかりにくいところがある。
・働き続ける女性の権利の問題などは掘り下げ不足。
・ストライキで廃業を阻止できてしまうところに違和感を持った。
・登場人物が魅力的。
・書き出しから引きつけられる。

「秋ゆく街で」須藤みゆき
・母子の題材は作者が何度も取り上げており、食傷気味。
・終盤、兄の手紙から急展開してテーマが浮かびあがるところがいい。
・一人称の書き方が勉強になった。
・読者を引きつける仕掛けがおもしろい。
・比喩が的確に使われている。
・作家として、これから新しいものにチャレンジすることを宣言したものと読める。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック