つぶやき       野中秋子

つぶやき (20130928)        野中秋子

 この所の自然災害の多さと被害の大きさを異常な感じで受け止めている。そしてこれは日本のみならず世界的に起こっているのだ。「今までに経験のない程の・・・」という言葉をニュースでさかんに聞いた。
 しかしわたしは思う。この未経験の災害は、次はまた何十年か後と断言できないような気がしている。これからは毎年何かが起こるのではないかと。自然は正直なのだから。
 この100年程に人間達が「より便利に、より快適に、より速く・・・」と自然を意のままに動かし、壊し、改造してきたことのつけが今世界中で起こっている。
 人間も自然の産物なのだから、もういい加減に自然とともに、自然を守る方向へと生活の在り方を考えないと自然はもっと正直にその答えを出さざるを得ない。自然は嘘がつけないのだから。正直に反応するだけの事だ。温暖化をはじめこれだけの災害から私達は学ぶべきぎりぎりの限界に今生きているように思う。自然への何と傲慢な態度。もっと謙虚にならないと。
 それなのにエッと驚くニュースが。「リニアの新幹線」の工事を近々着工するという。私は本気か?とマジでびっくりした。だってより速くという事で線路は可能な限りの直線コース。9割トンネルの中を走るそうである。日本アルプスをはじめ多くの山をくり抜いて工事をすると。何で、だれが東京から名古屋を40分で行かなきゃいけないのか。それも台風18号の大きな被害が出た直後の発表である。構想は50年位前からあったらしいが。
 これだけ自然が教えてくれている今、何を考えているのか、とても正気の沙汰とは思えない。
 また自然を大きく破壊する?考えただけで私は耐えられない。後でどんな事になるか、ど素人の私でも心配する事がその関係者に分からないはずはない。払う代償の大きさに唖然としている。本気でこんなことを考えていらっしゃるの?誰か答えて欲しい。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック