映画「風立ちぬ」 笹本敦史

映画「風立ちぬ」  笹本敦史

 零戦を設計した堀越二郎と小説「風立ちぬ」の作家、堀辰雄をモデルに作られた物語。期待し過ぎたせいかも知れないが、物足りなかった。

 堀越が設計し、戦局の悪化とともに悲劇の戦闘機となった零戦の開発物語は、堀越自身による記録として出版されている(角川文庫)。世界最高の飛行機を作るという夢と技術者としてのプライドにあふれた物語はとても魅力的である。敗戦後に書かれたということを割り引く必要はあるかも知れないが、堀越は国際情勢を冷静に見る合理主義者で、太平洋戦争には初めから悲観的であったようだ。

 しかし、堀越の物語がいくら魅力的でも、戦闘機開発物語だけで作品にするという割り切りはジブリとしてはできない。そこで堀越と同時代の堀辰雄を結びつけたのだろうと思える。

 堀自身の体験を基にした小説「風立ちぬ」も名作である。ただ今となっては、恋人を難病で失うという物語は映画やテレビドラマから近年のケータイ小説まで散々使い古されている。これも映画化で独自性を出すのは難しい。

 結局、二つを結びつける試みはどちらも中途半端になってしまったという印象を受ける。

 堀越をモデルとした初めの展開は引きつけられる。しかし山のホテルで菜穂子と出会う(菜穂子が子どものころに会っているので再会ではある)、堀辰雄をモデルにした物語が始まると途端につまらなくなる。そして堀越の物語も深められないままに終わってしまうのである。
スポンサーサイト

コメント

行ってみようかな
 見に行くつもりはなかったけれど、批判されると確認しに行きたくなる。暑いおり、涼みがてらに良いかもね。
先入観なしに見れば
実は少し前に堀越二郎の「零戦」を読んで、えらく感心したので、その方向での先入観というか期待を持ってしまったんです。
先入観なしに見れば、また違う感想を持たれるかも知れません。

管理者のみに表示

トラックバック

人が見る夢は儚い。でもだからこそ美しい。 これは『コクリコ坂から』以上に大人の映画。しかも宮崎吾郎監督のような若造が描く懐かしさではなく、宮崎駿監督のように実体験を反 ...
それは、美しい夢… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201307200001/ 【送料無料】風立ちぬ サウンドトラック [ 久石譲(音楽) ]価格:3,000円(税込、送料込...
生きるって切ないが嬉しい。