2015年05月の記事 (1/1)

5月例会のご案内と4月例会のご報告

5月例会のご案内
日時 5月24日(日)13時~16時半
場所 吉備路文学館

内容
 民主文学6月号合評
新人賞「月明かりの公園で」 木曽ひかる
佳作 「CAVA!」 野山あつむ


4月例会のご報告
 4月12日13時から吉備路文学館で例会を開催しました。参加は妹尾、井上淳、田中、笹本、桜でした。

民主文学3月号の合評

「自然的平穏生活」 竹内七奈
・親子の葛藤はもっと深いのではないか。
・年の離れた男女の恋愛を美談として描いているのが気持ち悪い。
・生きる理由が見つからずに悩んでいる女が見つけた幸福を描いていて、良いと思う。
・人物に実在感が薄い。(こんな人はいる、という意見もあり)
・言葉の使い方がおもしろい。
・共感はできないが、あやうい関係を描いていておもしろい。
・タイトルは先行きの不安を反語で表しているのだと思う。

「きみのとまり木」 浅野尚孝
・朱美が色っぽく、魅力的だ。
・会話がおもしろくない。
・最後に何を書きたいのかがわかるのだが、それまでが退屈。
・「支えなければ」という決意に共感できない。
・農業や危険ドラッグといった素材が活かされていない。
・もっと削って、素材を整理したらおもしろいものになるのではないか。

その他
まがね掲載料について話し合いました。


受贈紙誌
 支部月報381号(仙台支部)
スポンサーサイト